はげないようにするには

はげないようにするには、やるべき5つのこと

はげないようにするには何ができるのか?はげるかはげないかは様々な要因が絡み合って決まります。
遺伝子・生活習慣・食生活・精神状態、どうにもならないこともあれば、はげないようにするには沢山できることもあるものです。

ここでは、はげないようにする為にできること、はげないようにするには今から何をしておけばいいのかについて、毛髪科学を根拠に解説していきます。
はげてしまった髪をもう一度生えさせるのは難しいことですが、髪がしっかりあるうちからはげないようにするのはそれほど難しいことではありません。
大切なのは若いうちからの習慣です。

これから、はげないようにするには何をすればいいのか、やるべき5つのことをご紹介します。
はげないようにするには何をしておけばいいのか、今のうちから行動に移しておくことで、将来はげるかはげないかに大きく影響を及ぼすでしょう。


はげないようにするには育毛剤は必須



はげないようにする為に1番やっておきたいこと、それは何よりも育毛剤です。
最近の育毛剤は毛母細胞への栄養補給を手伝って髪の成長を促したり、はげの原因となる悪質な酵素を抑制する働きがあるので、はげないようにするのに直接影響をもたらします。

特に今注目を集めている育毛剤に含まれる成分と言えば海藻から抽出されるM-034ですが、これには体内にあるハゲの原因となるリダクターゼという酵素を抑える働きがあります。
体内のリダクターゼが活発に動いているか抑制されているかで、この先はげるかはげないかは大きく変わってきます。

ひと昔前の育毛剤とは違い、今の新しい育毛剤は効果が高いのではげないようにするには必須のアイテムだと言えます。
M-034が配合されている育毛剤の中でも特に人気が高くてお勧めできるのがイクオスです。
メーカーが1ヶ月から半年でハゲが改善され始めると明記しているほどの育毛剤で、はげに効果が見られなかった場合にはなんと全額返金してもらえます。

はげないようにするには頭皮を健康に活発に保つこと、そしてハゲの原因を撲滅してあげること、これらが最も直接的で効果のある方法です。
余裕があれば少しでも早いうちから、イクオスのような育毛剤を使う習慣を身に付けることをお勧めします。

イクオス公式サイトはこちら




はげないようにする為の食事と栄養素



はげないようにするには普段からの食生活が非常に大事です。
髪は筋肉と同じタンパク質が源となっています。

脂肪の少ない締まった筋肉質の体をつくる時にも、トレーニングだけではなく食事がとても重要になります。
それと同じではげないようにするにも、普段からの食事でどのような栄養素を摂れているかが非常に大切になってきます。

それでは、はげないようにするにはどのような食事を心掛けるようにすればいいのでしょうか。
はげないようにする為に必要とされている栄養素は全部で4つ、すなわちタンパク質・亜鉛・ビタミンB6・ビタミンEとなります。
それらの栄養素を豊富に含んでいる食材は以下になります。

タンパク質
肉・魚・大豆・豆腐・納豆・たらこ・貝類・卵

亜鉛
牡蠣・ほや貝・アーモンド・うなぎ・はまぐり・チーズ・ゴマ・牛肉・豚レバー

ビタミンB6
にんにく・まぐろ・酒粕・かつお・レバー・鮭・鶏肉・とうがらし・ピスタチオ

ビタミンE
いくら・たらこ・モロヘイヤ・大根・かぼちゃ・ホタルイカ・赤ピーマン・しそ

この中でも、はげないようにするには亜鉛が最も重要な栄養素となります。
亜鉛にはタンパク質を髪の毛の主成分であるケラチンタンパクにつくりかえる働きの他に、はげの原因であるリダクターゼを抑制してくれる力もあります。

はげないようにするには亜鉛は必須であるにも関わらず、世の男性の大半は亜鉛が不足していると言われています。
亜鉛を摂れる食べ物は決して多くないがために、はげないようにするのに大事と言われても十分に摂取できていないのが現状です。

そこで、はげないようにする為にお勧めなのが亜鉛のサプリです。
はげないようにするには亜鉛を1日10mg摂取するのが良いとされていますが、食事だけでそれをカバーするのはかなり難しいです。

サプリを利用すればはげないようにする為に1日に必要とされる量が簡単に摂れてしまうのでお勧めです。
育毛剤ほどの効果ではないかもしれませんが、はげないようにするには体に取り込むものを計画的にコントロールすることが非常に重要になってきます。
サプリメントをうまく利用して、はげにくい体質の体を作ってあげましょう。



はげないようにするにはゴールデン睡眠を!



はげるかはげないかは普段の生活習慣が大きく関係してきます。
生活習慣と言えば気をつけたいのはやはり睡眠、はげないようにするには睡眠の質にこだわることが大切です。

はげないようにするには睡眠不足にならないように、ただ十分に睡眠を取ればいいと言うわけではありません。
はげと睡眠には密接な関わりがあって、はげを抑制してくれる女性ホルモンの分泌が活発になる時間帯というのがあります。

男性の体内にも女性ホルモンは存在しますが、女性ホルモンの分泌が活発になる時間帯が夜の10時から翌2時、はげないようにするには長く寝ることよりもこの時間に寝ることが大切です。

夜の10時から翌2時までの時間に取る睡眠をゴールデン睡眠と呼びますが、はげないようにするには毎日できるだけ欠かさずにゴールデン睡眠を取ることが大事です。
毎日ベッドに入るのが2時という男性は、毎日10時から6時まで睡眠を取る男性に比べて女性ホルモンの分泌が少なくなります。

はげないようにするには体内の女性ホルモンの分泌を促してあげることがカギになりますから、寝る時間を調節することははげ防止につながります。
体内の女性ホルモンの分泌が活発になったところで、女性らしくなってしまうわけではないのでそこはご心配なく。



はげない為にはまず禁煙

はげないようにするには、タバコを吸う方は明日にでもタバコをやめるべきです。
禁煙ははげないようにするには非常に大切なことです。タバコがハゲの原因となる理由は以下の二つになります。

1.タバコは脱毛ホルモンを増加させる!

男性ホルモンには幾つかの種類がありますが、そのうちの一つがジヒドロテストロンと呼ばれるもので、別名を脱毛ホルモンと言います。
はげないようにするには、この脱毛ホルモンの絶対値や活動をできるだけ抑えてあげることがカギとなります。

しかしながらハーバード大学の研究結果によれば、喫煙者は禁煙者と比べて、体内に存在する脱毛ホルモンが13%も高いことが分かっています。
ハーバード大学の研究室はタバコは体内のジヒドロテストロンを増加させるので、はげないようにするには禁煙が影響してくると発表しています。


2.ニコチンは血行不良を引き起こす!


タバコが血管を収縮させて、血行不良の原因となっているのは広く知られている事実です。
血行不良は健康や美容の大敵と言われていますが、髪の毛やハゲにも大きく影響してきます。

血流が悪くなると毛母細胞へ栄養素が行き渡りにくくなるので、新陳代謝が低下して髪の成長が遅くなったり、髪が細く痩せてしまう原因となります。
血管を拡張させて血流を良くすることははげないようにするには最も大切なことと言われていて、はげ治療のクリニックでも血行促進は最重要視されています。



はげない為のヘッドマッサージ



はげないようにするには毎日1分だけでもヘッドマッサージをしてあげると良いです。
マッサージの方法や手順は特に問題ではなく、頭皮を揉みほぐして血流を良くしてあげることがはげないようにするには大切です。
余裕があるならヘッドマッサージの前にトニックを使って、さらに頭皮や毛細血管を刺激してあげると良いでしょう。